アニバリー

お宮参りについて

お宮参りについて

How to choose

お宮参り選び方のコツ

お宮参りの時期はいつ?服装やレンタル、撮影ポイント

お宮参りの時期はいつ?
服装やレンタル、撮影ポイント

お宮参りは、赤ちゃんが誕生してから約1ヶ月後に行う行事で、初宮参り・初宮詣とも呼ばれています。両親や祖父母が赤ちゃんと一緒に神社に行き、無事赤ちゃんが生まれたことを神様に報告し、健やかな成長を願います。
お宮参りにいつ行くのか、その時の服装、そして撮影のポイントについてお伝えします。

  • お宮参りはいつ?

    お宮参りの時期は地域によってさまざまです。地域別に見てみましょう。

    北海道・東北地方

    寒い地域では「暖かくなってからお宮参りを行う」という共通の認識があるようです。
    新潟県の一部の地域では、お宮参りは生後1ヶ月ではなく、生後100日後に「百日参り(ももかまいり)」を行うことがあります。
    青森県では男の子は生後120日、女の子は生後110日がお宮参りの時期とされています。また、山形県の一部では男女ともに生後51日など、いつお宮参りをするかは地域によって異なります。

    関東地方

    男の子は生後31日目、女の子は生後32日目とされていますが、最近では、30日をすぎたら大安など縁起のよい日を選んでお宮参りに行く方が多いようです。
    関東の一部地域では、お宮参りに行くのは生後100日目という地域もあります。

    関西地方

    関西では他の地域ほど厳密に日が決まっておらず、生後30日をすぎたら、縁起の良い日を選んでお宮参りに行きます。
    早くお参りをすると女の子の赤ちゃんの嫁入りが早くなるという京都独自の言い伝えもあります。

    中国・四国・九州・沖縄地方

    関東と同時期で、男の子は生後31日目、女の子は生後32日目がお宮参りのタイミングとされています。
    沖縄では、神社ではなくご先祖様にお参りをすることが多いようです。

  • 関西のお宮参りの風習

    関西には、他の地域にはない独特のお宮参りの風習があります。 「帯銭(おびぜん)・紐銭(ひもぜん)」もそのひとつで、赤ちゃんが将来お金に困らないようにという願いを込めて、赤ちゃんのお祝い着の紐に小銭を通したものや、ご祝儀袋に入れたお金を身につけます。

    また、赤ちゃんの額に「大」「小」などの字を書く風習もあります。男の子には、大きく育ちますようにという願いを込めて「大」、女の子には健やかに優しく育ちますようにという願いから「小」という字を紅で書きます。これは平安時代の悪霊よけのおまじないが発祥だと伝えられています。

  • お宮参りの服装は?

    お宮参りの赤ちゃんの服装は、和装かベビードレスです。
    和装は、掛け着や祝い着とも呼ばれていて、男の子と女の子では異なります。

    男の子の掛け着の色は黒や紺、ベージュや白などが多く、柄は熨斗目(のしめ)模様です。鷹や兜(かぶと)など勇ましいイメージのモチーフが用いられているのが特徴で、元気にたくましく育てたいという願いの象徴です。地域によっては家紋が入ります。

    女の子の場合、色は赤や薄い黄色、パステルピンクや水色で、友禅模様で華やかさを演出します。気品のある蝶や牡丹、桜や梅などが掛け着のモチーフとなっており、それには美しく優しい子に育つようにという願いが込められています。

    男女ともに、鶴などのめでたいモチーフの刺繍が施された白い帽子とスタイを身につけて、赤ちゃんの誕生や成長を祝うハレの日を演出します。

    母親も赤ちゃんに合わせて着物を着ることもありますが、ワンピースやスーツなどでもかまいません。父親はスーツであることが多いようです。赤ちゃんのお兄ちゃんやお姉ちゃんも少しおめかしして参加しましょう。
    お宮参りは祝いごとなのでフォーマルな服装が好ましいです。

  • お宮参りの着物レンタルと撮影

    お宮参りの衣裳は、最近ではレンタルする人がほとんどです。
    フォトスタジオで衣裳を借りることができるので、撮影する人にとっては便利です。参拝と衣裳だけでなく、家族写真が一緒に撮れるフォトプランなどは人気です。

    撮影はスタジオか提携している神社で行います。
    生後一ヶ月の赤ちゃんの負担にならないよう、気候や体調に気を配りましょう。授乳は撮影直前ではなく、1時間くらい前に済ませておくことをおすすめします。神社によっては待ち時間におむつを交換させてもらえるので、事前に確認しておきましょう。

    赤ちゃんの誕生と成長を祈ってのお宮参りは、写真に残すと一生の思い出になるのではないでしょうか。

お宮参りの衣裳

赤ちゃん誕生のお祝いと健全な成長をお祈りするお宮参りはご家族揃ってお出かけ記念撮影。
お宮参りにピッタリの衣裳を多数ご用意しています。

Shop list

店舗

  • 京都店

    お宮参りから七五三、十三参りに成人式や卒業式、 人生の記念日には特別な衣裳で一緒にお祝いさせてください

    〒602-8011
    京都府京都市上京区烏丸通出水上る桜鶴円町361 京都本店3階
    営業時間:平日:11:00~19:00 土日祝:10:00~19:00
    定休日:火曜日(祝日除く)

  • 仙台店

    お店はとても贅沢な空間。

    〒983-0852
    宮城県仙台市青葉区中央4-6-1SS30 B1F
    営業時間:11:00~19:00
    定休日:月曜日・火曜日・水曜日(祝日除く)

  • 名古屋店

    ホテルメルパルクNAGOYA内での衣裳あわせはちょっと贅沢な特別な空間です。

    〒461-0004
    愛知県名古屋市東区葵3-16-16 ホテルメルパルク名古屋 地下一階 衣裳室
    営業時間:平日 11:00~19:00 土日祝日 10:00~19:00
    定休日:木曜日(祝日除く)

  • 東京店

    「麹町駅」「半蔵門駅」「永田町駅」「赤坂見附駅」
    様々なアクセスが可能となっています。
    完全予約制なので来店ご希望の場合は必ずご連絡を。

    〒102-0093
    東京都千代田区平河町2-4-3 ホテル ルポール麹町4階
    営業時間:~2023年1月28日(土)
     12:00~17:00 *完全予約制
    定休日:日曜日・月曜日・火曜日・水曜日・木曜日
    *12月9日(金)は臨時休業